SSL化(https化)

作業の前に前回設定した
ワードプレスが準備できているか確認しましょう。

上記の画面のダッシュボードの上(水色で消している所)をクリックします。
下記の画面が出てれば成功です。

出ていますか?

出来ていました~
次はSSL?ってなんですか?

SLLとは、
常時SSL化と言われ盗聴など他にも様々なことを
防止してくれる効果があるようです、
絶対とは言えませんが通常のサイト(ブログ)よりも、
セキュリティ対策がしっかりしている安心なサイト(ブログ)になるようです。
 
さらにこのSSL化(https化)を行うことで、
SEO的にも多少は良い、というようなことが
言われていますので、今からサイト(ブログ)を
作成しようとしている方は、SSL化(https化)しておくのが
無難になります。
ちなみに、後からこのSSL化(https化)を行うとなると、
めんどくさいことになるので今のうちに設定しましょう。


は~い。

エックスサーバーでは、このSSL化(https化)が無料でできます。
設定さえしてしまえば、導入することができます。
SSL化(https化)を行うと、URLがhttp➡httpsから始まる形に変わります。

では設定ですが
エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。
サーバーIDとパスワードを入力しますと下記の画面がでるので、
その中の○で囲ってる「SLL設定」をクリックします。

ドメイン選択画面が表示されるので、SSL設定をしたいドメイン名
(自分の作ったドメイン名です)
を確認し独自SSLが0個であることも確認して、
横にある「選択する」をクリックします。下記の画面が出てきます。

〇で囲ってる「独自SLL設定追加」をクリックします。
次の画面になります。(下記参照)


独自SSL設定を追加後は設定が反映されるまで、最大1時間程度かかります。
ゆっくりお茶かお菓子でもたべてリラックスしましょう。

お菓子食べたいです~。

・・・
お菓子食べてる間に少し確認しましょう。
上記の画面の「戻る」を」クリックします。
下記の画面のSSL用アドレスの下の
https・・・・・・・・をクリックします。
その下の画像が出てきます。

上記の画面の場合はまだ反映されてない証拠です。
1時間ほどゆっくりましょう。
・・・・・私にもお菓子貰えますか?

どうぞ~一緒に食べましょう~

・・・・・・・・
1時間経ちましたね。
もう一度上記と同じことをし、確認します。
下記の画面が出てれば成功です。

上記の画面の上のココをクリックします。
するとワードプレスのダッシュボードに変わります。
(このやり方はよく使います)
下記の画面の設定をクリックします。
左側に「WordPressアドレス」「サイトアドレス」の横に
http://○○○○.comとなっているので、
https://○○○○.comに変えます。
必ず半角英数字で入力し、下の変更を保存をクリックします。

変更を保存しますと、ワードプレスのログイン画面が出てきたら
ログインします。
ただ、今のままだと「https」と「http」のURLが存在することになります。
なので「https」と「http」を合併し、
「http://自分のドメイン名」と検索したときに自動で、
「https://自分のドメイン名」に転送するような設定を行います。

もう一度エックスサーバーのサイトに行きます。
ログアウトをクリックし、
ファイルマネージャーをクリック
IDとパスワードを入力します。

作ったサイト(○○○○.com)をクリックし、
次は「public_html」を選択します。
下記の画面が出てくるので、
「.htaccess」の項目をチェックして、「編集」ボタンをクリックします。

下記の画面が出てくるので、

Se・・・・・の一番上に

<ifmodule mod_rewrite.c>RewriteEngine OnRewriteCond %{HTTPS} offRewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]</ifmodule>

上記の英数字をコピーし張り付けてください。
下記の画像になるようにでお願いします。
その後右側の「保存する」をクリックします。

「ファイルを編集しました。」と表示されれば大丈夫です。
これで、リダイレクト設定(自動転送)は完了になります。

作業が終わったら、
試しに「http://自分のドメイン名」を
検索バーに入力して、(yahooでもなんでも大丈夫です)
エンターキーを押してみましょう。

「https://自分のドメイン名」で
出てきたよ~

お疲れ様です。
次はワードプレスの概要になります・・・クリック

Follow me!

コメントを残す